一度きりの機会、伝統を体験しよう

結婚式といえば洋風が一般的ですが、近年昔ながらの和装結婚式を挙げるカップルが増えてきています。和装結婚式の魅力は、なんと言っても日本の伝統を全身で感じることができる点です。ホテルや結婚式場でも和装結婚式は可能ですが、より本格的な式を挙げたいなら神社での神前式がおすすめです。神社での結婚式は、花嫁行列や参進の儀、三三九度など、普段あまり目にすることがない格式高い儀式を体験することができます。また、神社は結婚式だけではなく初詣など、その後のライフイベントでも関わることになります。その神社を訪れる度、人生の門出を祝った時を思い返すことができるでしょう。もちろん、白無垢や色打ち掛けといった花嫁衣装を着ることができるのもメリットです。

自分なりのアレンジが可能

和装結婚式は堅苦しそう、と思う人も多いですが、実は自分なりにアレンジすることが可能な場合もあります。例えば花嫁の髪型。伝統的な綿帽子や角隠し、文金高島田などの伝統的な髪型はもちろん、最近では和装に洋髪を合わせるスタイルも人気です。洋装へのチェンジが簡単なこと、いろいろな髪飾りが付けられるなど、洋風のヘアスタイルにはいろいろなメリットが。ただし和装に合わせると浮いてしまう髪型もあるので、自分の目指すテイストに合った髪型を探すことが大切です。和装の花嫁装束は通常ブーケを持たないのですが、近年はボールブーケを合わせるスタイルも人気。花手毬のような見た目が和装とよく合うので、結婚式に花を添えたいカップルにぴったりです。

パパママ婚は、子どもと一緒に挙式をしたい夫婦を中心に注目が集まっており、予算に合わせて食事の手配や演出の準備、託児サービスなど様々な点できめ細やかなサービスを期待できます。