神前結婚式の挙式の相場

和装の結婚式の中でも人気が高いのが、日本の伝統的な挙式スタイルである神前式です。神前式の挙式は、神社で行う場合やホテル、結婚式場など挙式を行う会場によって違ってきますが、司会進行役のスタッフの人件費を含むと20~25万円が相場となっています。また、神社にお礼として奉納する初穂料も必要です。神社の格式や地域によって違いはありますが、5万~10万円程度が相場です。初穂料は挙式代のプランに含まれている場合もあるので、事前に確認しておきましょう。神前式の挙式では、雅楽などを音源ではなく生演奏にしたり巫女に奉納の舞を舞ってもらったりするなどのオプションがある会場もあります。予算に合わせて、自分たちが行いたい演出を選びましょう。

衣装代や撮影代の相場も知っておこう

挙式以外にも衣装代や撮影代の費用が発生します。新婦の白無垢や色打掛、新郎の羽織袴などの衣装代は、着用する衣装の数や種類にもよりますが5万~25万円が相場と言われています。仕立てたばかりの新作の衣装や刺しゅうなどの装飾に凝ったもの、有名ブランド品などは相場よりも高くなる傾向にあります。ヘアメイク代や着付け代はセットになっていることが多いですが、別途掛かる場合もあるので注意が必要です。

記念写真や集合写真、式の様子を写すスナップ写真など結婚式には撮影代も必要ですよね。撮影代は5万~10万円が相場となっています。カット数や動画も撮影するかどうかで費用が違ってきます。また、事前に新郎新婦の写真を撮影するプランなどもあるので、打ち合わせの時に相談してみましょう。

結婚式を安く挙げられるホテルや専門式場では、基本料金がお得な平日プランや、小規模の披露宴会場を利用するプランなどが用意されています。